2005年08月04日

土について考えてみました

プルメリアの苗をいよいよ鉢に植えようと思ったとき

土の配合をどうしたらいいかすごく悩みました

仲田園芸さんの説明書によると、通常の挿し木用培養土か

ピートモス4: パーライト2: バーミキュライト2: 鹿沼土

でブレンドした土を使うとのことでした



でも、いろいろなサイトをのぞいて見ると

パーライト2: ピートモス1: バーミキュライト1+ 緩効性肥料

というやり方も浮上



プルメリアユニバーシティーってご存知ですか?

日本でもっともプルメリア栽培に詳しいと言われる

プルメリアユニバーシティーで推奨しているのが

この配合らしいのです  う〜ん・・・


参考リンク
http://8011web.com/whoswho/whos18.php
http://www.ryozai.com/company_deck/company_deck3.html



それで結局

パーライト2: ピートモス1: バーミキュライト1+ 緩効性肥料に決めました



【決め手 1】

ガーデニングの素人さんも、これでけっこう成功しているみたい


【決め手 2】

プルメリアは多肉植物に近いので、水を与えすぎないように

というけど

その割りに鉢植えのモーガンちゃんの土は、水持ちが良すぎる気がする・・・



ハワイにしても東南アジアにしても

プルメリアの咲く土地ってスコールが多いと思うんですけど

それでも元気に咲いているということは

すごく水はけ・通気性の良い土なのだろうなぁ

パーライト主体のこの配合は、ハワイの土をイメージしてるらしく

配合の割合を見ただけでも、いかにも水はけがよさそうです




posted by ななこ at 23:43 | 東京 🌁 | Comment(2) | TrackBack(0) | 05年夏プルメリアの苗ピンキーちゃん

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。